株式投資の心得TOP > 株式投資の格言のまとめ > 株式投資の格言のまとめ3




sponsored link



株式投資の格言から投資術を学ぼう!3

株式投資の格言3

投資家に伝わる「株式投資の格言」 第3集をお楽しみください。

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→

/ / 3 / /

■ 株式投資の格言集3


相場の反転は、多数派が納得した瞬間から始まる。

(多数派が納得した時に乗ってもいいし、多数派が納得する前に仕掛けてもいい。
あなたの投資スタイルを優先するべき。)




一つの銘柄に、

すべての資金を集中してはならない。

(どれだけ自信があっても予測不可能な事態が起こった時に、
すべての資金を失ってしまうようなリスクは避けるべき)




相場について、

他人と討論するべからず。

(相場を100%予測することなど不可能なのだから、
他人と相場について討論しても意味などない。)




損して休むは、上の上。

(相場に対しては常に冷静でいるべき。
間違っても損した分を相場で取り返そうなどとしてはいけない。)




大玉を張ることを、誇りとするなかれ。

(投資の根本と関係ないところにこだわってはいけない。)




一寸待て、飛びつき買いと狼狽売り。

(売買を行う時、もう一度この売買が正しいものであるかを、
自分に問いかける習慣を持ちたい。)




どの様な巧みな投機でも、

予想の当たるものは50、外れるものも50、

この有利な50の状況を最大限に利用し、

不利な50の状態を最小限の損失に食い止めるのが、

技術である。

(投資が成功した時の理由を考え、失敗した時の理由を考える。
成功した理由を確実に自分のものにしてゆき、失敗する理由を無くしてゆくことが、
投資の王道。)




株に感情なく、

真の主役は数字である。

(長期的にみれば株価は企業の業績に連動していくもの。
チャートではなく企業の将来に軸をおくべき)




タクシー運転手や靴磨きの少年が投資するようになったら、

市場から手を引く潮時だ。

(素人が株式市場に押し寄せるとき、相場は一番高くなる。
その後に待っているのは暴落しかない。)




「希望」という言葉を絶対自分の辞書に入れないこと。

これは私が知っている中で最悪の言葉だ。

(投資判断の最初に主観を入れてはいけない。
まずは数字と事実だけで銘柄を選定し、
数字では判断できない最後の選定時に主観で選べばいい。)



/ / 3 / /

■ sponsored link



■ 株式投資の格言のまとめ


■ sponsored link