株式投資の心得TOP > 投資家の名言 一覧 > ジム・クレイマー




sponsored link



ジム・クレイマーの名言セミナー集

ジム・クレイマー(James Cramer)」(1955〜)

「ジム・クレイマー」は、アメリカの投資家&実業家。

ヘッジファンドマネージャーとして活躍した後、

投資情報をウェブ上で提供するインターネット会社、

「TheStreet.com」の代表を務めている人物。

また投資情報番組「Mad Money」とラジオ番組「Real Money」の司会も務めている。

ファンドマネージャー時代は、ヘッジファンド設立後13年間年率平均24%を叩きだし、

2001年のITバブル崩壊時にも、36%のリターンをあげるなど好成績を残している。

主な著書に「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」がある。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ ジム・クレイマーの名言セミナー


経済が混迷の最中にある時は、

P&Gやキンバリーやコルゲートなど、

景気の良し悪しに関係なく業績が安定している。

面白みのない生活必需品メーカーに乗り換えるのだ。




株を買ったら、1銘柄につき週に1時間は、

その銘柄についてのホームワークが必要。

このホームワークが出来ないのであれば、

個別株ではなく投資信託を買うべきだ。




事業は傷んでいないのに、

株価が傷んでいる銘柄を探せ。




株式を売買する意思決定に際しては、

いくらで買ったかではなく、

これから先どうなるかだけを考えて決めることだ。

■ sponsored link



■ 投資家の名言集


■ sponsored link