株式投資の心得TOP > 投資家の名言 一覧 > 岩本栄之助




sponsored link



岩本栄之助の名言セミナーとプロフィール一覧

岩本 栄之助(いわもと えいのすけ)」(1877〜1916)

「岩本栄之助」は、大阪市中央公会堂の寄付者としても知られている、

大阪の株式仲買人。

大阪の両替商「岩本商店」を営む岩本 栄蔵の次男として生まれ、

夭折した兄に代わり、明治39年(1906年)に家督を相続し、株式仲買人となる。

明治40年(1907年)の株式市場の大暴落時には、

野村徳七ら大阪株式取引所の仲買人らの訴えで、

全財産を投じて市場を買い支え、北浜の仲買人らを救い、

取引所で働く少年たちのために、学校に行くように勧めるとともに、

私財を投じて塾を作るなど「北浜の風雲児」と称えられた人物。

また、大阪株式取引所仲買人組合の委員長や、

大阪電燈株式会社(関西電力の前身の一つ)の常務取締役も務めていた。

(出典:ウィキペディア)

■ 岩本栄之助の名言セミナー


君はそう言うけどな、

相場だけは明日はわからんのやで。

相場は全て結果論なのや。


一人で仕掛けて、一人で耐えて、

最後の勝負を収めればそれでよいのや。

助言はいらん。




学問せなあかん。

■ sponsored link



■ 投資家の名言集


■ sponsored link